大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
①冒険Lv25未満で交易Lv、戦闘Lvが共に50以上のパターンは危ない
アルシエが観察していて、「これは危ないな」と思うパターンがあります
それは、冒険Lvが25未満で、交易Lv及び戦闘Lvが共に50を超えているパターンです

このようなLv構成のプレーヤーの大半に言えることは、交易スキルと戦闘スキルの習得し過ぎで冒険スキルを習得する余地がない、と言うことです
周知のように合計Lv60を超えると、スキル枠はLv10アップにつき1しか増えません
ですから、合計Lv60に達する頃には、そのキャラクターの方向性はほぼ決まってしまいます
そこからの方向転換は大きな犠牲と負担が伴います

しかし、合計Lv60までは、順調にスキル枠が伸びるので、それを知らない初心者プレーヤーの多くは、後先を考えずに、習得できるスキルは全部習得してしまいます
そして、交易、戦闘が終わった後、「さて冒険を始めよう」と思ったとき、スキル枠を捻出できないことに気づくのです

このブログで何度も述べているように、冒険はひとつの学問さえ習得すればよい、と言うものではありません
学問は互いに関連し合っているものが多く、複数習得する必要があります
また、発見スキルにしたところで、【視認】【生態】【探索】の3種類あり、その枠を捻出するだけでも相当な負担が強いられます

②冒険を犠牲にすると爵位の昇進が打ち止めになる可能性が高くなる
ここ数回の大型アップデートにより、獲得できる名声の上限がかなり増加しました
これにより、爵位の昇進に係る必要な名声もかなり引上げられました

伯爵に昇進した場合、影響度10%以上ある港における関税は免除される特典があります
この特典を受けるために伯爵まで昇進するには、現段階で名声を480kまで上げる必要があり、侯爵になると700kまで上げる必要があります
侯爵を狙うとなると、交易名声、戦闘名声だけで獲得することは不可能で、冒険名声も必要になります

例えば、現段階の名声上限はLv65の場合で250kです
交易Lv、戦闘Lv共に65で名声を上限まで上げたとして500kです
侯爵を狙うとなると200k足りないことになり、足りない分を冒険名声で補うことになるのですが、冒険名声を200k獲得するとなると冒険Lv60が要求されることになります

今後、Lvの引上げに伴い、名声上限も引上げられますが、それは爵位の昇進に必要な名声についても同様と考えられます
したがって、今後、アップデートされるごとに、冒険Lv、冒険名声は大きなウェイトを占めていくことが予想されます

③冒険を犠牲にすることによる爵位の昇進回数の減少
伯爵まで昇進するには24回の昇進が必要になり、交易、戦闘だけでそれを達成するのは不可能ではないものの、多くの時間と労力を費やす必要があります

現段階での爵位昇進の回数は、冒険で9回、投資で16回、戦闘で4回、大海戦で6回となっています

投資による爵位の昇進は16回と極めて多いですが、10回昇進するだけで4,000mの投資が必要で、10回目以降の投資による爵位の昇進はあまり現実的なものとは言えません
ですから、冒険による爵位はできるだけ稼いでおいたほうがよい、と言うのがアルシエの考えです

③爵位はそれほど必要なのか?
「爵位はそれほど必要なのか?」と言う意見もあると思います
ですが、アパルタメントのランクアップについて、現段階で既にある程度の爵位が要求されている以上、今後、それ以上の爵位が要求されることは十分に予想されます

また、「商人の育て方」で述べたように、アルシエのように取引スキルで交易を行うものにとって、伯爵昇進による関税免除の特典は非常に魅力的です
交易圏が広がることを意味しますから

④スキルの振り分け方
アルシエはスキルを以下のように考えて、冒険、交易、戦闘にそれぞれスキルを振り分けてきました

①合計Lv60でスキル枠は32になる(副官雇用によるスキル枠増加を除く)
②冒険Lv20、交易Lv20、戦闘Lv20で合計Lv60になったと考える
③言語枠で5つ割くとして余るスキル枠は27(32-5)
④これを3系統に割振ると各系統に振り分けられるスキル枠は9(27/3)

つまり、合計Lv60で、冒険、交易、戦闘にそれぞれ9つまでスキル枠を振り分けることができると言え、この段階で、それぞれの基礎となるスキルを習得しておく必要がある、と言うことです

そして、各系統のLvが30、40、50と上がるごとにスキル枠は増えていきますから、その増えた分は、その系統のスキル強化に費やしてもよく、特定の系統に集中してもよいことになります

こうすることにより、後々になって「冒険ができない」等の行き詰まりを回避することができ、各系統のLv、名声をスムーズに上げることができるようになります

余談になりますが、「商人の育て方」で生産スキルは必要以上に習得しないほうがよい、と述べたのは、この考え方に基づきます
生産スキルを複数習得すれば、それに伴って取引スキルも増加し、振り分けられるスキル枠の限界を超えてしまうからです
この考え方に基づいて生産をするのであれば、交易Lvが20を超えて、そこから増えたスキル枠を利用して習得するのがよいと考えます

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
⑤商人育成の第二段階は【社交】上げ

【社交】優遇職は、

①美術商
②宝石商
③香料商人
④仕立師

の4つの職業です

これらの職業の特徴として言えることは、冒険系、戦闘系に優遇職はなく、生産スキルに関して言えば【鋳造】非優遇の上級職であると言うことです

⑥生産スキルは極力習得しない
アルシエは、生産に関して、原則、アウトソーシングを旨としています
生産スキルを「必要以上」に習得しないことには、いくつか理由があります

まず、生産スキルは、専門にでもしない限り、非優遇の期間の方が圧倒的に長いと言うことです
職業系統は、大きく分けて、冒険職、交易職、戦闘職に分かれます
「戦術家」や「船大工」など、一部の職業に例外はありますが、原則、交易職に就いていない限り、生産スキルが優遇になることはありません
となると、交易職に就いておらず、生産スキルが優遇でない期間は、全体の2/3を占めます
また、交易職に就いていたとしても、優遇であるとは限らないので、そのケースを含めると、2/3以上の期間を非優遇で過ごすことになります
特に、複数の生産スキルを習得していればしているほど、その確率は上がります

生産スキルの優遇、非優遇に関わらず、生産し続ける気力のあるプレーヤーは、極少数だと考えます
つまり、大部分のケースにおいて、生産スキルは長期に渡って死蔵されることが予想されます
したがって、生産スキルはR15にするのは当たり前のことと言え、R15にした後、長期に渡って優遇を維持できなければ意味がない、と言えます
言い方は少し乱暴になりますが、生産スキルをR15にして満足して転職するくらいなら、初めからしないほうがマシです

「スキル枠はいくらあっても足りない」と言うのが、大部分のプレーヤーの切実な声でしょうから、この様に、死蔵されやすいスキルは極力習得しないほうがよい、と言うのが結論です

⑦【会計】及び取引スキルが上がりにくい
生産依存の交易では、生産に費やす時間が膨大になり、時間当たりの取引回数が減少します
取引回数の減少は、【会計】及び取引スキルをアップさせる機会の減少につながる、と言うことです
更に、生産を街中で完結させてしまうと、【会計】スキルが上がることはありません
つまり、生産依存の交易では、【会計】及び取引スキル上げについて、大幅なペースダウンを余儀なくされる、と言うことです

【会計】成功率に関して言えば、上限まで吹っかける場合、体感で、R20の場合、90%以上成功なのに対して、R10の場合、60%程度まで落ち込みます
成功と失敗で利益が20%変動するので、短距離交易主体の場合、【会計】成功率が30%違うと、時間当たりの利益の差は、大変、大きなものになります
したがって、アルシエにとって【会計】ランクは、大部分のプレーヤーが感じている以上に重要なものと考えています
一般的な解釈では、【会計】R10で値切りが2回で下限に達し、R12で吹っかけが2回で上限に達するので、そのことが重要視されていますが、それは通過点に過ぎません
2回で上限、下限に達する、と言うことよりも、上限、下限に達する確率を上げるほうが重要だと考えているからです

⑧交易のバリエーションがない
生産依存の交易では、交易のバリエーションが限定されます
したがって、単調な作業の繰り返しになる可能性が非常に高くなり、【会計】及び取引スキル上げが苦痛になるケースが目に見えています
これでは、高ランクの【会計】及び取引スキルは望むべくもありません

また、生産依存の交易では、その街から離れられなくなるので、他の街にはどの様な交易品があって、それがどのくらいの利益を生むのか?、と言った、商人としての知識を増やす機会を失わせる原因となります
つまり、交易Lv65(上限)のプレーヤーであっても、生産だけで上げた場合、交易Lvは高くても、商人としての知識は極一部でほとんど「0」、と言うケースが多々ありえる、と言うことです
それで、「交易は面白くない」と言う判断を下すのであれば、それは時期尚早だと言えると思います

⑨取引スキル主体の交易の勧め
商人としてのスタートは、取引スキル主体での交易をアルシエはお勧めします
但し、赤字上げ覚悟の取引スキル上げを意味するものではありません
短距離で利益の出せる交易航路を開拓しながら、その交易を繰り返す、と言うことです

前回、前々回で述べたように、商人育成は【運用】と【社交】の二段階に分けてするので、この2つの目的を達成するとなると、複数の取引スキルを上げることになるので、複数の交易航路を開拓する作業が必要になります
つまり、【運用】と【社交】を上げる過程で、それに応じた取引スキルを習得し、その取引スキルに応じた交易航路を発見することになるので、その結果として、交易についていくつものバリエーションが生まれることになります
また、複数の取引スキルを上げることにより、時と場所を変えながら長く交易を続けられる、これが無理なく【会計】を上げられる要因となります
つまり、取引スキルを完成させる行為そのものが、【会計】を無理なく上げるための行為につながります

また、取引スキルを多く習得していれば習得しているほど、各地の交易品に対応できる幅が広がり、各地で交易を展開することが可能になり、交易についてのバリエーションが広がる可能性が高くなります

⑩生産スキル取得は最後の最後
アルシエは生産スキルを否定しているわけではありません
生産はどんどんすればよいと考えています
ただ、交易に関する知識を十分に持たないまま、ソレだけをしていると、先ほども述べたように、「交易は面白くない」と言う結論に達してしまいやすいので、それは避けるべきだと思います
ですから、商人としての知識を十分に積んだ上で、生産に手を出す、これが正しい商人の在り方ではないか?、と考えています
実際、生産スキルは、【調理】を除いて、取引スキルの上位スキルとして位置しています
転職して生産スキルを優遇にして、いきなり習得、と言うのは、スキル構成から考えると、ある意味、邪道ですね
最終的な結論として言えることは、生産活動は、冒険も戦闘も一通り済んで、優遇を長期に渡って維持しても、他の活動に差し支えの生じない最後の最後でよい、と言うことですね

商人の育て方(終)

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
④第一段階:【運用】優遇職
【運用】優遇職は、

<冒険系>
「遠洋探検家」

<交易系>
「会計士」「食品商」「交易商人」

<戦闘系>
該当なし

の合計4つです
この様に列挙してみると、【運用】優遇職は意外に少ないことが分かります
続いて、交易系の【運用】優遇職の優遇スキルを列挙します

「会計士」
【会計】【酒取】【嗜好】【貴金】【縫製】【運用】

「食品商」
【会計】【食料】【調理】【保管】【逃走】【運用】

「交易商人」
【食料】【会計】【調味】【酒取】【繊維】【織物】【調理】【警戒】【運用】 
※赤文字は専門スキル

この3つの職業で転々と転職を繰り返している間は、【運用】優遇が切れることはありません
ですから、この3つの職業を軸に、交易プランを構築すれば、ムリなく【運用】を上げることが可能になります

たとえば、「食品商」の段階では、【保管】上げをメインに据え、【調理】上げをサブに据えます
そして、【保管】が目標のランクに達した段階で、「交易商人」への転職を狙います

「交易商人」への転職により、【会計】【食料】【調理】【運用】の優遇を維持したまま、【調味】【酒取】と言った、【調理】に役立つ優遇スキルを追加することができます
尚、【縫製】を将来始める予定があるならば、この段階で、ある程度【繊維】を上げておく、と言う手もあります

また、「交易商人」は【織物】優遇なので、将来の【社交】上げを見越して、「美術商」「仕立師」と言った職業への転職を狙って上げておくのもよいと思われます

「会計士」の場合は、【貴金】上げがメインとなります
【縫製】は【繊維】が非優遇ですから、メインには据えるべきではないと考えます
鋳造系商人及び貴金属系商人の場合、【社交】優遇とは縁が遠くなりますので、各種の優遇スキルを上げる段階と、【社交】を上げる段階を見定めて、期間を区切ってしっかりと上げておくことが課題になります

「遠洋探検家」への転職も視野に入れると【運用】上げは非常にやりやすくなります
冒険の基本となる学問は【地理】だと言うのがアルシエの持論です
したがって、上記のプランで【運用】が上がり切っていない場合は、【視認】専門、【地理】優遇の「遠洋探検家」への転職をお勧めします
移動距離が長い分、むしろ、「遠洋探検家」の方が【運用】上げに向いてるかもしれないですね

余談になりますが、転職の際には、その職業で為すべきことを明確にすることも重要ですが、その後に控える転職によって、現在育てているスキルがどの様に活かされるか?、を考えることも重要です

アルシエの場合は、ある職業に転職する場合、メインに上げるスキルとサブに上げるスキルを明確に分け、サブのスキルは次の職業でも優遇が維持されるような職業を探し出して転職していました
つまり、メインとなるスキルがある程度完成し、次の職業へ転職し、再び、メインとなるスキルをある程度完成させれば、サブとなるスキルも当然、ある程度完成している、と言うようなイメージです

この様に、アルシエはメインに上げるスキルとサブに上げるスキルを明確にすることで、複数のスキルを同時に上げる工夫を重ねてきました
そのため、一般的に考えられる、スキル上げにかかる時間よりも20~30%は時間短縮できているのではないか?、と言うのが体感ですネ

以下③に続く

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
商人としての完成形には未だ程遠いアルシエですが、ここまでの経過において、どのような考え方に基づいて育成してきたか?を紹介します
これから商人として育成を始めるプレイヤーの参考になれば幸いです

①商人の育成プランは二段構えで
商人育成は、二段構えでするのがよいと思います
第一段階は【運用】、第二段階は【社交】です

【運用】はR5~R6を超えると、熟練1稼ぐのに1分、すなわち、1日かかります
よほど時間の余裕のある人でもない限り、非優遇でR10を達成するのはキツイと思われます
したがって、商人育成の第一段階は、【運用】優遇職に絞ります

一方、【社交】も【運用】と同様に、R5~R6当たりから、1回の投資で得られる熟練が小さくなってきますので、非優遇でR10にするには相当な時間と労力を費やす必要があります
したがって、商人育成の第二段階は、【社交】優遇職に絞ります

②なぜ二段構えにする必要があるか?
答えは、【運用】と【社交】いずれも優遇な職業が存在しないからです
職業一覧を見てもらえば分かりますが、【運用】優遇職は、「交易商人」を中級職とみなした場合、下級職~中級職までしか存在しません
一方、【社交】優遇職は、【鋳造】優遇職以外の上級職にしか存在しません
※「鍛冶師」「仕立師」「工芸師」と言った専門職を除く

したがって、スキルが上がりにくい、と言う共通点を持つこれらのスキルは、優遇の相性も悪いと言え、そのため、この両者を同時に上げるのは不可能であり、どうしても時間がかかる、と言えるのです
そのため、この制約をクリアするには、商人については【運用】と【社交】をベースに二段構えで育成することが望ましいと言えるのです

③二段構えにする真の目的
しかし、この二段構えにしなければならない、と言う考え方は、デメリットだけではありません
そもそも、商人育成を二段構えにする目的は、【運用】と【社交】をR10にすることだけが目的ではないからです
【運用】上げと【社交】上げには時間がかかる、と言う特徴を逆手にとって、【会計】の優遇期間をできるだけ長く確保できる、と言うところに大きなメリットがあります

一般的に上がりにくいと言われる【会計】ですが、時間のかかる【運用】上げと【社交】上げをメインに据えることで、【会計】上げを、相当、時間的な余裕をもってすることが可能になり、【会計】上げに係る精神的な負担を大きく軽減させることができる、と言うところに商人育成を二段構えにする、と言う真の目的があります

二段構えと言いながら、実は、【運用】上げ及び【社交】上げに【会計】上げを組み込んだ「三段構え」になっているところに、アルシエの商人育成の基本的なノウハウが集約されています

以下②に続く

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
短期間でしたが冒険の世界を垣間見たアルシエから、経験と反省を踏まえて、「発見物コンプリートへの道」を送りたいと思います

①言語枠は6枠以上欲しいですね
冒険を始めた当初は、距離も短いので、カバーする言語も少なくて済みます
しかし、冒険を進めるにつれて移動距離が伸びたり、特殊言語が必要になってくるので、言語枠が少ないとやりくりに非常に苦労するようになります
アルシエは、本人の言語枠4つ、副官の言語枠4つの合計8つでやりくりしていましたが、それでもかなり面倒でした

②まずは地理学
地理学は一番最初に手がけた方がよいと思います
理由は大きく分けて2つあります

まず、考古学、宗教学、生物学の前提になっているクエストが数多く存在していること

次に、考古学や宗教学にも、数は少ないながら、【視認】を必要とするクエストが存在していること

たとえば、「考古学者」転職クエストの前提となる「トロイ」では【視認】R8が必要です
考古学と宗教学だけで【視認】をR8にするのは、不可能ではありませんが、同じクエストを延々と繰り返す必要があります

また、地理学はブースト込みR7でコンプリートが可能ですし、発見物の数自体80コ程度と少なく、冒険入門によいと思います

※「地図職人」転職クエスト「メルカトールの調査」では【視認】R4、【地理】R11、【DUT】が要求されますが、発見物を伴わないので、達成できなくともコンプリートに支障はありません

③次に生物学
地理学をコンプリートしていれば、生物学のクエストの大部分をクリアすることができます
生物学を2番目に持ってきたのは、考古学の前提になっているクエストがいくつか存在しているからです
アルシエは生物学を後回しにしましたが、振り返ってみて、先にやっておけばよかったと後悔しています

④財宝鑑定、美術
財宝鑑定、美術に関わるクエストは【開錠】付きのクエストが多数存在します
ここでは詳細は割愛しますが、地中海から北海にかけて、【開錠】付き美術地図が多数存在するので、これらをクエストにうまく絡めて繰り返せば、比較的、楽に上げられると思います

「財宝探索家」は【探索】が優遇でないので、アルシエは「盗賊」を選びました
ただ、「盗賊」転職クエスト「百年戦争の騎士」は【考古】R9を要求されますので、いきなり、「盗賊」に転職するのであれば、紹介が必要になります

⑤考古学、宗教学
最後に、考古学、宗教学です
考古学、宗教学をコンプリートするには、まず、前提と言う壁、次に、【視認】と言う壁、最後に、【開錠】と言う壁、3つの壁をクリアしなければなりません

②~④の手順は考古学、宗教学の外堀を埋めるためのプロセスと考えてもらえばよいと思います

以上が、アルシエ流「発見物コンプリートへの道」でした
情報不足な面もありますが、この手順で概ね発見物はコンプリートできると思います
皆さんの参考になれば幸いですね

⑥最後に
「結局、全学問必要なの?」と思われた方もいるでしょう
答えは「Yes」です
ひとつの学問を取ったからと言って、その学問のクエストを制覇できるわけではありません
冒険クエストは、各学問が絡み合って成り立っているからです
②~⑤の順序は、その絡み具合の少ない部分から達成していく方法を示したものだと考えてください

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。