大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の更新から、随分、期間が空きましたが、この期間は激変の期間でした

①さらばジョセフ
初めて雇った副官なので愛着のあったジョセフでしたが、活躍の機会にあまり恵まれず、留守番エースとして不遇の期間を長期に渡って強いられてきました
スキルはフルオープンし、特性値もかなりいい線まで育っていたので、このまま雇い続けるかどうかで、大変、悩みました
しかし、副官リストをすべて見直し、ある事に気付いて決断をしました
それは、博物学者のピエールの存在でした

アルシエは、今後、海事転向を目指して、言語枠の大幅な削減を強いられます
したがって、今後、冒険に復帰した際には、言語をどう解決するか?、が大きな問題になります
今では辞書が生産されるようになったので、言語の問題は多少なりとも緩和されていますが、大海戦仕様に変更する上で、これ以上、アイテム枠に負担をかけるわけにはいきません
そこで、できるだけ多くの言語をカバーできる副官の組み合わせを模索していました
そして、行き着いたのが、先程も言った博物学者のピエールでした

さて、ここで、アルシエが雇っている副官の言語を整理してみます

【エルダ】   イタリア語アラビア語
【ダルテ】   ポルトガル語インド諸国語
【ライツェン】 英語オランダ語、ケルト語
【ピエール】  フランス語ギリシャ語、ペルシャ語、古代エジプト語、ヘブライ語

強調文字が書庫で用いられる言語です
インド以西の書庫で用いられる言語は、一部、トルコ語を要するものを除いて全てカバーしていることになります
更に、ピエールの加入により古代語についてもかなり強化されました

副官の雇い直しは大きなリスクを伴いますが、それに見合うだけの見返りがあると判断しました
最後に、ジョセフ最後のSSをアップしておきます
さようならジョセフ
f1a070702.jpg


②賢者の石
ここ最近の活動はと言えば、冒険スキル上げに尽きます
「考古学者」から「盗賊」に転職し、【財宝】【美術】【開錠】上げに専念しています
【財宝】は「人を惑わせる竪琴」を、【美術】はヴェネツィアの「教会の宗教画の地図」をひたすらこなしていました
幸いなことに、仲間に恵まれ、順調にスキルアップできました
そして、自力で達成は不可能だと思っていた「賢者の石」を達成することができました
「フラガラッハ」「ゲイボルグ」「バルムンク」を自力で達成することができたときも、勿論、嬉しかったのですが、「賢者の石」については特別の嬉しさがありました
理由は自分でも分かりません
何故か特別なんです
quest_kennjanoisi.jpg

a072.jpg


③スキル上げの成果
【探索】R13にUp
s_tannsaku13a.jpg

【開錠】R12にUp
開錠R12

【財宝】R10にUp
財宝R10

【美術】R12にUp
美術R12


【アルシエ=ベルサード】
a070702.jpg

【第4副官:ポルトス(ライツェン)】
f4a070702.jpg

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
[さらばジョセフ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。