大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【操舵】
操舵

<スキルタイプ>
Psssive

<習得条件>
冒険00/交易00/戦闘01/スキル:-

<習得場所>
セビリア(海事ギルド)
アレクサンドリア(海事ギルド)
イスタンブール(海事ギルド)
カリカット(海事ギルド)
マルセイユ(海事ギルド)

<習得効果>
船の旋回速度が上がる。また、機雷などの被害を抑えられる。

<優遇職業>
地図職人、准士官、地方海賊、私掠海賊、船大工、賞金稼ぎ、砲術家
【コメント】

①位置づけ
【操舵】は、主として旋回速度に影響するスキルで、洋上戦、とりわけ、対人戦において、戦局を有利に展開するために必須のスキルと言えます
また、船舶の旋回値は、加速にも影響を与えているので、【操舵】のランクが高くなればなるほど、加速もよくなっていく、と考えるのが自然だと思います

②旋回速度
旋回速度は、
①【操舵】のランク
②船舶の旋回性能
③船員の錬度
④帆の上げ下げ(下げると上がる)
⑤【漕船】のオンオフ(オフにすると上がる)
と言う、5つの要素で決まります

尚、②の旋回性能には、旋回値そのもの以外に、船体の全長、重量が隠しパラメータとして関わっており、速度にも影響しているようです
したがって、旋回性能は同じでも、全長の短い船舶と全長の長い船舶とでは、若干、操作性に差がでるようです
また、数値上の速度は同じでも、船体の軽い小型船と船体の重い大型船とを比較すると、前者の方が加速、最高速ともに、上回るようです

③熟練の入り方
【操舵】の話に戻りますが、熟練については、波が高ければ高いほど入ります
したがって、北海や地中海など、波の低い海域ではあまり育たず、大西洋やインド洋など、波の高い海域ではよく育つことになります

④傾向と対策
【操舵】は、概ね、R6辺りから成長が著しく遅くなります
したがって、戦闘Lv上げではなるべく「波の高い海域」を選ぶようにするなど、少しでも長い期間、波の高い海域に踏み止まれる工夫をした方が良いと思います
その意味では、現在、戦闘Lv上げの主流となっている『壷』は、波が低く、【操舵】上げには向かない海域ですので、アルシエとしては、避けた方がよいと思います

アルシエ自身は、戦闘Lv上げのポイントとして、戦闘Lv20~31まではケープ、32~47まではカリカットを選択しています
白兵戦の場合、戦闘Lv48になると、カリカット付近にいるジーベックの経験値が半減してしまうので、仕方なく『壷』へと移動しました

尚、アルシエが選択したポイントは、現在、主流ではないので、おそらく同Lv帯の仲間を見つけることは難しいと思います
そこで、ジェノバスクールで自分のペースに合う仲間を見つけるなどして、一緒に戦場移動をすることをお勧めします

⑤時間の有効利用を
【操舵】上げと言えば、アガラス海盆でプカプカすることだと考えている人がいますが、これだけはやめましょう
こんな作業感タップリなことに時間を費やすのは退屈極まりません
【操舵】優遇の軍人職でインド航路やカリブ航路を利用した交易をしている方がずっとマシだと思いませんか?
上げたいスキルがハッキリとしているのであれば、コレをするにはこの職業でないとダメ、なんて固定観念にとらわれる必要はドコにもないのです

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/135-da9ee0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。