大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けても暮れても【宝石】を運び続けているアルシエです、こんにちわ^^

【宝石】オンライン・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
明けても暮れても【宝石】を運び続けているアルシエですが、もう感覚がマヒしてしまって、苦痛など感じてない状態です_| ̄|○||| orz
まぁ、その辺をウロチョロしてる人に声をかけては、艦隊に誘って支援しているので、会話ができて、いい気分転換にはなってますネo(^-^)o

今日から、スカイワードさん(オーサーさんの2nd)と一緒に交易することになったので、仲間が増えて心強いですo(^-^)o
ケープ、カリカットと戦闘Lv上げを一緒にして以来の合流です
【宝石】R10を目標に頑張っているワケですが、挫折せずに済みそうですねぇ
一緒に行動してくれるフレンドが傍にいるって、ホント、心強いです!

季節の導入はいかが?
「大航海時代Ⅳ」では、季節に応じて、並べられる交易品が変化していました
記憶が定かではないのですが、交易品によって、毎月、2ヶ月、3ヶ月、半年というようなサイクルで補充されていたように思います

これをDOLにも導入できないんでしょうかねぇ
そうすれば、交易の仕方も一本では成り立たなくなって、複数の交易ルートを確保する必要がでてきます
交易の仕方にバリエーションが出てくるワケですネ

季節によって交易の仕方を強制的に変更せざるを得なくなることは、逆に言えば、マンネリ解消になります
いつもいつも同じことばかりやってると、人間って飽きるものですから、長く遊ぶのには、よいアイデアだと思うのですが・・・
しかし、既存の交易ルートにメスを入れることになるので、ひとつの交易ルートに既に安住してしまっている人にとっては、既得権を奪われることになりますネ(´・ω・`)
また引退続出かなぁhhh

①「長距離交易」の罠
「長距離交易」では、高ランクの取引スキルを十分活用することはできません
と言うのは、1回の「遠距離交易」で運べる交易品の量は、船の大きさによって、限定されてしまう(一定量しか運べない)からです
つまり、取引スキルの高低で差が出るのは、せいぜい、積み込みに要する時間であり、その結果として得られる利益は、「取引スキルの高低に関わらず同じ」なのです
確かに、積み込みに要する時間を短縮することは、時間効率を考える上で重要なことですが、それは艦隊の支援効果で解決できる問題ですし、航海にかける時間を含めて考えれば、そこまで大きなアドバンテージとはなり得ないのです
したがって、「遠距離交易」では、高ランクの取引スキルを、「十分に活用できていない」ことになります

②「短距離交易」の奨め
アルシエは、このような「長距離交易」の欠点を踏まえた上で、「短距離交易」を重視しています
「短距離交易」では、特産品など、遠距離に運ばなければ利益を生まない交易品を運ぶわけではないので、ひとつの街で、比較的購入量の多い交易品を複数扱い、「1回の取引」で積み込みを終わらせ、次の街に移動し、売却することになります
しかし、そのような交易品を複数積み込むと言っても、「1回の取引」で、積載の大きな船(商用クリッパーや商用大型ガレオンなど)を満載にするのは、実際問題、不可能な話です
そこでモノを言ってくるのが高ランクの取引スキルなのです
つまり、取引スキルが高くなればなるほど、購入できる交易品の量が増加するので、「1回の取引」で得られる利益は「大きくなっていく」のです
すなわち、「短距離交易」では、「1回の取引」「積載率をどこまで引き上げることができるか?」、が重要になってくるのです
ですから、「短距離交易」の究極目標は、「1回の取引」で船を満載にすることであり、高ランクの取引スキルを存分に活かすことができるのです

③地味な交易品にも光が
アルシエは、この様な考え方を元に、「短距離」での交易ルートの開拓に力を入れています
「スキルこんな感じスレ」などを見ていると、【宝石】など高利益率の取引スキル以外は「ゴミ」、などと言うような書き込みを、しばしば、目にしますが、とんでもありません
書き込みをした人は、一体何を見てそんなことが言えるのでしょうか?
研究不足と言わざるを得ません
「短距離交易」では、購入量の大きさを活用して、時間当たりの利益では、宝石にも負けない利益を生み出す交易品も実際あるのですから、今まで日の当たらなかった交易品や取引スキルが化けることも、しばしば、あるのです

④「短距離交易」と「長距離交易」の使い分け
「短距離交易」では、「長距離交易」とは比較にならないほど取引の回数が増えるので、【会計】や取引スキルなどの「交易系スキル」を効率よく伸ばすことができます
しかし、航海距離は短くなるので、「航海系スキル」を伸ばすことには向きません
逆に、「長距離交易」では、「交易系スキル」を伸ばすことには向きませんが、航海距離が伸びるので、「航海系スキル」を効率よく伸ばすことができます
したがって、伸びるスキルの傾向の違いを理解すれば、交易職に就いている場合は、「短距離交易」をメインにする、冒険職、軍人職に就いている場合は、「長距離交易」をメインにする、と言うように、交易の仕方を使い分けることができるようになります

【アルシエ】
交易Lv45にUpですv(=^-^=)v


FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですねー
新街実装で短距離に拍車かかりそうですねー^^
2006/01/26(木) 03:02 | URL | あしえる #KOEcWGgI[ 編集]
アシエルさんいらっしゃーい
文章のポイントがボケていたので、なるべくスマートな文章に書き直しましたよ(´・ω・`)
苦労した。・゚・(ノД`)・゚・。
2006/01/26(木) 07:16 | URL | アルシエ=ベルサード #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/26(木) 23:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/164-b0a1b97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。