大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜はいよいよ女子フィギュアですね、最近不調続きだった安藤美姫ちゃんガンバレーってなわけで、アルシエです、こんにちは^^

ハウストーナメントに参加してました
ここのとこ、ブログの更新が滞っていましたが、実は、(ビリヤードの)ハウストーナメントに参加してました

結果は1勝3敗で散々な成績hhh
てなわけで、リベンジに向けて、練習に忙しい日々を過ごしております(*´-`)

負けた相手は、実力的には、格下が多かったんですがね。・゚・(ノД`)・゚・。
チョイ撞きでゴッチン、ゴッチン、スキッドさせながら、球を入れてくるので、見ている私は怖くて怖くて仕方がないhhh

(球質の軽い撞き方をチョイ撞きと言いますが、チョイ撞きでは、的球は物理的に原則通りの動きをしないことが多く、進行方向が微妙にズレてしまいます。これをスキッドと言い、注意深く聞いていると、手玉が的球に当たった瞬間、ゴッチンと言う音を出しているのが分かると思います)

知識がないってことは、ある意味、怖いもの知らずで強いなぁ、と思いつつ順番が回ってくるのを待ちます(^^;
まあ、私にしたところで、天候(晴天や雨天)、気温・湿度(暖房器具の種類や人の出入り)などの条件で、テーブルコンディションが変化し、球の動きもそれに応じて変化することは知っているのですが、実際、どの程度、変化しているのかまでは、把握できていませんので、人のことは言えませんがね(´・ω・`)

対して、私の方はと言えば、しっかり撞いて、しっかりとした出しができていたと思います(的球を入れつつ、次の球を入れやすい位置に手玉をコントロールすることを、「ネキを出す」とか、単に「出す」と言います)
ただ、肝心なところでのミスが目立ち、結局、流れを引き寄せられず、敗退する、というパターンが多かったです

知識のあるなしが、直接、強さとなって差が現れるワケではなく、知識を実践するだけの相応な技量が求められるワケでありまして、そこがビリヤードの難しさでもあります
課題は、肝心な場面で(的球を)トバさないようにするための、入れの強化ですよ!

セビリア教会の椅子、実は3人掛けですよ
3日ほど前でしたでしょうか?
教会に立ち寄ると、恒例の?、オークションが開催されていました

アルシエも何度かコールしてみましたが、熱いですね!
何でもないようなアイテムが、(100Mとか150Mなど)信じられない額で競り落とされていきますhhh
催眠商法と言うべきでしょうか?雰囲気って怖いですね(((゚Д゚))) ガクガクブルブル

ところでオークションとは、直接、関係はないのですが気になったことがひとつ
ちびキャラで座ると教会の椅子は、実は、3人掛けなのですよ!



遂に、ランカー!
【宝石】を上げる傍ら、【社交】を上げるために、セッセコ、セッセコ、投資をしております
そうこうしているウチに、ランカーになってしまいましたヨ(´・ω・`)
a021ranker.jpg


セレブな農婦に
いよいよ、非優遇だと、取引スキルがすべてカンスト目前で、上がるものがなくなってきました
このまま、【宝石】だけ上げていても時間が勿体無いので、スキル枠に頭を悩ませつつ、【貴金】を取得することに
これで、【宝石】【貴金】と貴重品スキル両巨頭を揃えたことになり、「セレブな農婦」の誕生ですhhh

「宝石商」は、ちょうど【工業】が優遇でしたので、ホームズさんに支援してもらいR3に・・・
意外と労せずに、【貴金】をゲッツですo(^-^)o
貴金属R1b


①アルシエ流、取引スキルの上げ方と考え方
アルシエは、【宝石】や【貴金】など、購入量の極めて少ない取引スキルを単独で上げるようなことは避けています
それらの取引スキルを上げる場合、アルシエは、対象となる街の交易品の中から、元々の購入量が比較的多く、相場に関係なく利益の出やすい交易品を探し出し、非優遇でも構わないので、その取引スキルも合わせて取得するようにしています

その理由は、サブとなる取引スキルを取得しておくと、購入量の少ない取引スキルだけを上げる場合と比べて、「船倉の稼働率」を大きく上げることができるからです
この「船倉の稼働率」を上げることが、メンタル面においてかなり重要でして、船倉の大半を空荷で移動して、隣の街に落とす行為を繰り返すよりも、精神的な負担は大きく下がるのです

また、サブとなる取引スキルは、元々の購入量が比較的多いワケですから、ランクアップが容易で、ランクアップに長い時間を要するメインとなる取引スキルがランクアップする間に、何度もランクアップすることになります
これが、メインとなる取引スキル上げを根気よく続ける上で、精神的に大きな支えになるのです

このように、アルシエは、ランクアップに長い時間を要する取引スキルを上げる場合、長時間、同じ行動の繰り返しを強制されることで、気持ちが途切れてしまう事態を避けるために、メンタル面の負担を軽減する工夫をしています

②「発注書に頼らない取引スキル上げ」の奨め
次に、アルシエは発注書に頼らない取引スキル上げを実践しています
なぜ、発注書に頼らないのか?
理由は、特定の取引スキルのみが上がってしまい、【会計】や【社交】といった、交易の基礎となるスキルが「ついてこない」からです

短距離交易を繰り返して取引スキルを上げた場合、その都度、【会計】の熟練が入りますし、ついでに投資をしておけば、投資申請書を使わずとも【社交】熟練が入ります

発注書を使って取引スキルを上げた場合、発注書を揃える時間とお金が必要になりますし、【会計】や【社交】を上げるには、別の機会を設けなければなりません

勿論、例外はあると思いますが、発注書に頼った取引スキル上げをした場合、それが終わったときに残るものは、「そのスキル」だけで、「交易Lv」や「お金」、「付随スキル」は残らないと思います
それに対して、発注書に頼らない取引スキル上げをすれば、それが終わったときに、それらのすべてがついてくるのです

ですから、発注書に頼った取引スキル上げは、一見、効率がよいように見えて、実は、二度手間、三度手間なのです

また、取引スキル上げには赤字をともなう場合が、しばしば、あります
発注書に頼った取引スキル上げでは、大抵の場合、その赤字を甘受しなければなりませんが、先程①で述べたサブの取引スキルを取得しておけば、そこからの利益で赤字分を相殺することも可能なのです

【アルシエ】
2/22までに交易55を目指していましたが、あとひとつ及ばず
それでも交易54にはなったので満足してますよ(*´-`)
a060221.jpg


明日はいよいよ一周年記念パッチですね
皆様にとって良い一日になりますように!

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうか、私が会計あがらない理由はこれかもね^^;
私の発注書に関する姿勢としては
あればどんどん使うw
でもバザー等では買いません。
交換とか収奪、お使いクエで自然にそろえます。
交易して赤字出す(LVを買う)やり方は基本的には好きじゃないですしね。たま~にやるけど^^
2006/02/22(水) 21:43 | URL | エレミー #-[ 編集]
エレミーさんいらっしゃい^^
発注書使うと安く購入できないのが欠点だな、って考えているうちに、実は、会計熟練ももらえないんだな、との考えに行き着いた次第でありますhhh
2006/02/23(木) 02:06 | URL | アルシエ=ベルサード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/188-63e4fbb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。