大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手玉を的球に無回転でヒットさせるイメージ
最近、私が心がけて練習していることは、撞点真ん中を撞いて手玉がイメージボールに対して無回転でヒットするイメージを作ることです
つまり、ストップショットの練習ですネ

勿論、実戦では、ネクストを出す必要があるので、真ん中ばかり撞いているワケにはいきません
必要に応じて、押したり、引いたり、捻ったりしてます
しかし、そこで基準になるのは、やはり、撞点真ん中を撞いて、イメージボールに対して手玉が無回転でヒットするイメージ、すなわち、ストップショットなのです

私がネクストをイメージするとき、まず、イメージボールにヒットした場合、手玉が無回転で当たるキュースピードと距離感をイメージします
そこからネクストの出る撞点を探し出しています
撞点真ん中を撞いた場合、手玉が的球に無回転でヒットするように、キュースピードと距離感を合わせるワケです

コントロールしやすい押し球の考え方
たとえば、ロングの真っ直ぐの球で、少しだけ押したい場合など、撞点上で、キュースピードを落として撞く人を、しばしば、見かけますが、このやり方で手玉をコントロールするのは非常に難しいと思います
と言うのは、仮に、撞点真ん中で撞いたとしても、手玉は的球にヒットする前に前進回転を始めてしまうので、手玉は惰性でどこまでも走ってしまうからです

これを、イメージボールに対して手玉を無回転でヒットするキュースピードで撞点上を撞いた場合、どうなるか?
撞点真ん中で撞いた場合、手玉はストップするはずですから、撞点を上げた分だけ手玉は前に転がります
手玉の回転をコントロールしやすい押し球になるわけです
こうすることにより、しっかり撞いて、しっかり入れて、しっかりとしたネクストが出せるようになります

尚、撞点真下で手玉を殺して前に落とす押し球もありますが、キュータッチが繊細なので、基本は、撞点上を撞いてコントロールした方が無難だと思います

厚みと距離感
ストップショットは基本中の基本で、誰もが通る道だとは思いますが、巧くなればなるほど、その重要性は増していくと思います
私は、センターショットより1~2ポイント的球を遠くに置いてこの練習をしています
手玉と的球の距離は、概ね、3~4ポイントですね
この距離で手玉の真ん中を撞いて的球に無回転で当てるには、結構なキュースピードが必要になると思います
また、近い球ばかり練習していると遠く感じてしまう距離なので、厚みを合わそうとして、フォームが縮んでしまったり、力んでしまう可能性が高い距離でもあります
センターショットですと、私の場合、手玉と的球の距離が近すぎてあまり練習になりません

押し引きの練習
手玉を的球に無回転でヒットさせるイメージを作る練習をした後は、先ほどと同じキュースピード、同じ距離で、押し引きの練習をします
これは、押し引きの練習をするのではなく、先ほど練習したのと同じキュースピードで撞点を上げ下げした場合、どれだけ手玉が押せるのか?、あるいは、引けるか?の確認をするためのものです
ムリに押したり引いたりして、キュー切れを上げるための練習ではありません
ただし、タッチの感覚は、若干、変わります
タップで手玉をつかむようなイメージですね
撞点ではなく「撞線」のイメージで撞いています

手玉の回転のコントロールは、手玉と的球の距離が離れれば離れるほど難しくなっていきます
ですから、撞点真ん中を撞いて無回転で的球に手玉をヒットさせられるキュースピードと距離感をつかみ、なおかつ、狙い点に正確にヒットさせられる距離を伸ばしていくことが上達する方法のひとつだと私は考えています

ちなみに、撞点真下で綺麗に引けた場合、手前の短クッションに入るところまでは引けるようになりました

FC2ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/218-7f9dce87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。