大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はPKの方々がお休みだったようで、ノトスは平和な一日で何よりのアルシエです、こんにちわ^^

アテネも昨日の間にイスパニアの手に戻りました
イスパニアンはホッと息をなでおろしたところでしょうか?

ベルサード流の育成プロセス概要
爵位は、発見物、投資、戦功の3つのカテゴリーで別々に貢献度が加算されていき、このうちいずれかが一定量に達した場合に、昇進しているようです
そんなわけで、私は、1stと2ndで冒険系と戦闘系で分けるというようなことはしていません
3つのカテゴリーのうちどれか1つ欠けても爵位昇進が遠のくからです

ですから、私は以下のように育成プロセスを組み立てています

【①基礎力の養成】
合計Lv60(=SKL枠32)までに冒険(発見系、学問系)、交易、戦闘(白兵系)のスキルを3:3:4の割合で取得していき、どのジャンルも一通りこなせるようにする

【②戦闘Lvカンスト】
後に控える冒険での戦闘に備えて白兵スキルを鍛えます
戦闘Lvをカンストさせる間に伸びたスキル枠は冒険スキル(発見系、学問系)のコンプに充てます

【③交易Lvカンスト】
言語枠がおそらくないと思いますので、交易Lvをカンストさせることで言語枠を確保します

【④冒険Lvカンスト】
冒険Lvをカンストさせ(あくまで理想ですw)、交易スキルの充実を図ります

【⑤砲撃スキル強化】
冒険Lvがカンストすれば、当分言語は不要になるので、すべて削ってしまい、砲撃スキルのコンプを目指します

【⑥富豪の時代】
④で取得した交易スキルを鍛え、投資に備えて資金作りに励みます

以上が概要なのですが各Lvをカンストさせる時期については、状況によって多少の前後があると思います
重要なのは、砲撃系のスキルは冒険系のスキルをコンプした後にコンプを目指すということです
この手順が逆になると、冒険Lvが上げられなくので、スキル枠も増えなくなり、発見物による爵位昇進もあきらめざるをえないからです

ポイントはできるだけ早期に冒険Lvをカンストさせ、言語がスキル枠を占める状態から早く脱却することです
言語枠の負担がなくなれば、相当広い分野のスキルをカバーすることができるようになります

【外科】R7にUpしました^^
外科R7

【アルシエ】


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/64-c5891b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。