大航海時代Online(Notos)ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンケンスキル
【戦術】→【銃撃】→【防御】→【突撃】→【戦術】・・・と言うように、これら4つのスキルは、いわゆる、ジャンケンの、【グー】→【チョキ】→【パー】→【グー】・・・のように「3すくみ」になっています
したがって、ここでは、これらを総称してジャンケンスキルと呼ぶことにします
ジャンケンに負けてしまうと、大ダメージを受けることになるので、読み合いが必要になってきます
したがって、手数が多いほうが有利なのですが、スキル枠の関係上、4つそろえることが出来ない場合、少なくとも【突撃】【防御】だけはそろえておくのが無難かと思われます

【戦術】 対NPC:C PK:D PKK:D 大海戦:C 成長速度:B
【突撃】 対NPC:S PK:S PKK:A 大海戦:S 成長速度:B
【防御】 対NPC:D PK:A PKK:A 大海戦:B 成長速度:B
【銃撃】 対NPC:D PK:B PKK:B 大海戦:C 成長速度:B
【戦術】
対NPC:C PK:D PKK:D 大海戦:C 成長速度:B


戦闘Lvの低いNPCは、【突撃】以外のジャンケンスキルを、戦闘Lvの高いNPCは、【突撃】を多用する傾向にあります
ジェノバ海事辺りのNPCに対してだと、【戦術】は使いやすいのですが、ケープ、インド、カリブ辺りのNPCだと、危険すぎて使えません

また、PKやPKKなどの対人戦になると、【突撃】【防御】の読み合いになってくるので、尚更、【戦術】の入り込む余地はないと思います
したがって、#002.で述べたように、素の攻撃力、防御力、すなわち、【剣術】【応急】のRの高低がモノを言うようになって来るのです

以上のことから、アルシエの【戦術】に対する評価は相当低くなっています
大海戦の評価が多少甘くなっていますが、これは、普段、対人戦をしない人がたくさん参加するので、案外、【戦術】が有効な場合があるからです
しかし、対人戦に慣れた人を相手にすると、【突撃】の餌食にされるのが関の山です

【突撃】
対NPC:S PK:S PKK:A 大海戦:S 成長速度:B


ジャンケンスキルの中では「要」となるスキルです
これは、対NPC、対人戦を問わず共通と考えてもよさそうです
【突撃】は破壊力抜群で、それだけに警戒もされます
船員の数、戦闘力、防御力が拮抗しているのであれば、【突撃】【防御】の読み合いが雌雄を決するといっても過言ではありません

【防御】
対NPC:D PK:A PKK:A 大海戦:B 成長速度:B


対人戦において、【防御】は【突撃】をけん制する上で重要なスキルです
形勢が不利な場合は、【防御】を多用して【突撃】をけん制し、【戦術】で逆転を狙ってみるのもありかもしれません
しかし、そのような場合は、当然、「撤収の鐘」を使って退却するでしょうから、やはり、【戦術】の出る幕はありませんネ

対NPCでは、【防御】と、次に述べる【銃撃】の評価がDと極めて低くなっています
これは、読み合いをしなくても、【突撃】だけで押し切れると判断したからです
戦闘スキル早見表を見た際に、スキル枠の制限を考えた上での取捨選択をしやすくするために、このような低い評価になっています
また、大海戦での評価も若干低くなっていますが、これは、普段、対人戦をあまりこなさないプレイヤーが多数参加するため、読み合いの重要性が若干低下するからです

尚、「撤収の鐘」を使わずに、通常の撤退をして失敗すると大ダメージを食らうので注意が必要です

【銃撃】
対NPC:D PK:B PKK:B 大海戦:C 成長速度:B


【突撃】【防御】の読み合いを有利にする上で、【銃撃】は重要です
こちらが【突撃】を連打すると、相手は、当然、【防御】を連打してくるので、この状況を打開するため、【銃撃】が必要になるからです
【銃撃】でうまく【防御】をけん制すると、【突撃】がより効果的に使えるようになります
対人戦では、【突撃】【防御】の読み合いがデフォルトになりつつあります
したがって、上記2つのスキルの読み合いで互角になるのであれば、白兵戦の勝敗の鍵は【銃撃】が担うことになります
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crosshermit.blog15.fc2.com/tb.php/91-552bdedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。